葬儀をする前に相場を調べておくのがベスト

逝去後にするべきこと

パートナーを亡くしたら、菩提寺や教会、大東で家族葬を執り行う葬儀社に連絡を入れます。喪主や参列者、葬儀の内容などを決め、遺影写真と旅立ちの衣装を用意、故人を納棺して参列者に葬儀の日時等を知らせましょう。

数珠と線香

自分らしい見送りの形

近年は葬儀の形も変化しています。参列者を招く一般葬より、家族だけでゆっくりと見送る「家族葬」を選ぶ方が増えているのです。荒本にも様々な葬儀会場がありますので、自分達はどう見送りたいのかを事前に家族で話し合っておき、いざという時に備えましょう。

合掌する子供

葬儀の準備

葬式を行う場合には、まずは柏原にある葬儀会社を選びましょう。会社によって費用は異なるので、コースを見て選ぶと良いでしょう。通夜と告別式の日取りが決まったら参列者に連絡をしますが、大人数の場合は連絡を取るのに時間が掛かるので、日程を伸ばすなど考慮しましょう。

事前に3社程度の候補を

花

不幸が起きてからでは遅い

葬儀費用は一般的には相場がわかりにくく、経験して初めてわかる人がほとんどです。葬儀費用は、葬儀一式費用、飲食接待費、寺院の費用の合計額になります。葬儀一式費用は、業者に支払う費用と斎場使用料や火葬費、御返し品など他の業者に支払う費用がありますが、葬儀社が立て替えて一括で請求されることが多いです。飲食接待費は、料理や飲み物、親戚や知人の宿泊代、会葬返礼品の費用となります。会葬者の人数や飲食接待の内容などにより金額が変化します。寺院の費用は、お寺に支払う費用で、読経料や戒名料などと言われるものです。これらの費用は一般的な相場がありますので、葬儀社に聞くと良いです。福岡の葬儀業者のパンフレットには、基本プランやセット料金などが記載されており、目安の料金が書かれていますが、含まれているサービスは決まっており、含まれていないものは別途請求されます。葬儀を行う時は慌ただしく、精神的にも安定していない場合が多いので、十分な確認ができないのが普通です。実際に葬儀を行うときは、福岡の葬儀会社に全面的にお任せで依頼することになるので、福岡の他業者とのサービスや料金の比較を行うのは現実にはできません。事前にサービスや料金の比較を行い数社で見積もりを取り、依頼業者を数社に絞っておくことが大切です。不幸は突然来るので、その時に選んでいた業者の斎場が必ず空いている補償はありません。依頼する業者は1社だけでなく3社程度の福岡の業者を候補として選択しておくことをお勧めします。