葬儀をする前に相場を調べておくのがベスト

自分らしい見送りの形

数珠と線香

家族が主役になる家族葬

もしもの時が訪れた時、何を基準に葬儀会場を探しますか。近年、荒本では葬儀や埋葬の形も変化しています。葬送の準備は「その時」が来てからでは遅いもの、自分らしい見送りの形を選ぶなら「準備しておく事」が必要となるのです。葬儀には大勢の参列者を招いて行う一般葬や、少人数で送る密葬・家族葬などがあります。近年は家族や近しい人のみで送る「家族葬」の需要が伸び、家族葬専門の会場も増えています。荒本の皆さんも、故人をゆっくりと見送る事が出来る、家族が主役となれる「家族葬」を選択肢の一つに考えてみませんか。密葬と家族葬は混同しがちですが、密葬は後日「お別れの会」を開く事が通例となっています。一方家族葬の場合はお別れの会を開く必要はありません。葬送の形の変化に合わせ、最近は葬儀会社などでも盛んに終活セミナーが開かれています。自分の人生を振り返り、どう旅立ちたいのか、葬儀に呼びたい人は誰なのかなどをエンディングノートを使って整理していきます。中には、自分の葬儀の時の精進落し(葬儀後の食事)のメニューまで考えている人もいるそうです。話題にしにくい葬儀の話だからこそ、終活セミナーやエンディングノートなどをきっかけに、家族で話し合っておく事がとても重要なのです。荒本の皆さんも葬儀の話をタブーにせず、事前に備えておきましょう。荒本にもたくさんの斎場がありますから、斎場選びに困った際には口コミなどを利用し、料金体制やスタッフの対応、アフターフォローなどを細かくチェックして信頼おける斎場を選びましょう。