葬儀をする前に相場を調べておくのがベスト

逝去後にするべきこと

葬儀

葬式までの流れ

大東でパートナーを亡くした場合の家族葬の流れを説明します。大東で家族葬のことを考え始めるのは、病院から危篤の電話が来た時がほとんどでしょう。病院へ急行したら、会わせたい親族や友人に連絡を入れます。このとき入院費用や葬儀費用用の現金を用意、故人の銀行口座は凍結される可能性もあるので、事前に引き落としておくと安心です。その後は菩提寺や教会へ連絡を入れて、大東で家族葬を行う葬儀社に遺体搬送をお願いします。そして、病院で故人の体を清めるエンゼルケアと末期の水を行います。医師から死亡届を貰ったら、退院手続きと入院費の支払いです。なお、死亡届は7日以内に役所に提出しますが葬儀社が代行することが多いです。遺体を自宅で安置する場合は布団やベッドを整え、菩提寺のある方は僧侶に枕経をお願いします。菩提寺や教会などと葬儀について打ち合わせをし、仏式の場合は戒名(法名)も相談します。家族の中でも喪主や参列者の人数、予算について話し合い、参列者の連絡先を調べて遺影写真も決めましょう。大東で家族葬を行う葬儀社との打ち合わせは、葬儀の形式や予算などをはっきりと伝えることが大事です。葬儀の内容が決定したら旅立ちのために用意した衣装を故人に着せ、メイクを施し納棺します。参列者に葬儀の予定を知らせて通夜、葬儀を行い出棺、仮葬及び収骨となります。また、通夜を行わないことも可能です。何をすればいいのか分からなくても、葬儀社が誘導してくれるので心配することはないでしょう。